ダイビングスクールの質問!Q&A集
海情報ブログ ダイビングお問合せ アクアティック・プロ周辺地図
ダイビングスクールTOP
JUDFオープンウォーター
STARSオープンウォーター
ライセンスって何?
プライベートスクール
ステップアップについて
ダイビングスクールに関するQ&A
Q 
Cカードってなんですか?ライセンスと違うのですか?
A 
Cカードは、Certification-Cardの略で、日本語では「認定証」となります。ライセンスと言うと「免許証」になりますので、本来は労働衛生基準局発行の公的な「潜水士免許」の事をライセンスと言います。「公式の免許証じゃないよ」と解りやすくするためにCカードと呼ぶようにしているのですね。
ただ、一般的には「ライセンス」という言葉が分かりやすいので、最近ではCカードの事をライセンスと言うことが多くなっています。
Q 
Cカードに更新はあるのですか?

Cカードに更新はありません。ただ、インストラクターなどの業務指導者レベルには更新があります。

何歳以上から受講できますか?

ベーシックダイバーは12歳。オープンウォーターダイバーは、15歳以上で受講できます。

受講する為の条件はありますか?

健康であることが第一条件となります。心臓や血管などの循環器系、肺などの呼吸器系など、疾病がある場合には医師の判断が必要です。また常用している薬のある方も同様に医師の許可が必要です。
身体的な障害(部分的欠損、歩行困難など)は、基本的にダイビング不許可ではありませんが、使用している薬や、圧力の影響などを医師に相談する必要があります。
いずれにしろ正直に申告して頂いて、ご相談頂ければアドバイス致します。
かかりつけの医師がいらっしゃらない場合は、ダイビングに精通した医師を紹介することも出来ますのでお問い合わせください。

オープンウォーターとは何ですか?

Cカードには“技術に対応した”ランクがあり、「オープンウォーター」はランクの呼び方のひとつになります。穏やかで流れのなく、透視度の良い海であれば、水深18m以内の範囲で、バディー(相棒)と二人で潜れると言う技術レベルを持っているダイバーです。

Cカードのランクが良くわかりません。いったいいくつあるのですか?

Cカードを発行する団体によって呼び名が様々あり、分かりにくくなっていますが。大きく分けてベーシック、パスポートダイバーと呼ばれることの多い「入門編」、オープンウォーターやスクーバダイバー、1スターと呼ばれる「初級編」、アドバンスと呼ばれる「中級編」、マスターダイバーと呼ばれる「上級編」の4種類です。初めてダイビング講習を受けられるのは初級までで、いきなり中級から受講することはできません。

落第することはありますか?

規定のレベルまで達していないと判断された場合には認定はできませんが、不合格で終わりということではなく補習をして頂いています。スクール日程の中でも補習をして頂いて合格すれば認定となりますが、どうしても出来なければ後日の補習となります。スクールの日程はあくまで提案ですので、多少長くかかっても、その分しっかりと技術を身につけているのだと思って下さい。最初から「時間をかけて習いたい」という方には、オリジナルスクールを作ることもできます。

泳げなくてもダイビングはできるのですか?

「泳げる」というとコースでタイムを競う様なイメージですが、ダイビングは速い泳力を求めるものではありません。泳力=水に慣れている。という認識です。ダイビングに一番大敵なのは恐怖心だからです。 そういう意味では、最初のダイビングで水への恐怖心がなくなれば良い訳ですので、泳げなくても挑戦して頂いて構いません。 「お風呂で顔をつけられない」という方もいらっしゃいましたが、海の中を見た途端、楽しくてそんな恐怖は吹き飛んでしまったようで、今では立派にダイバーです。逆に、今なら泳げるでしょうね。

Cカードを取得したら何ができるの?

Cカードは「私はこういうレベルのダイバーです」という証明書です。日本をはじめ、世界のダイビング施設で提示すると、「なるほど、君はちゃんと講習を受けたダイバーだね」となり、プロのダイビングガイドが海の中へ案内してくれます。レベルに応じてではありますが、それなりのお勧めポイントへ案内してくれるはずです。
逆に、提示出来なければダイバーとは認めてくれませんので、体験ダイビング以外のアクティビティーには参加出来ません。海外に行く時に「Cカード忘れちゃって、良いポイントに潜れなかったの…」ということになります。

Cカードを発行する所はいくつもあるの?あるとすれば違いはなに?

ダイビング指導団体と呼ばれる団体は世界中にたくさんあります。日本の団体、アメリカの団体、フランスの団体、オーストラリアの団体など、国も様々。小さな事務所で活動する団体もあれば、巨大な自社ビルを持っている団体もあります。でも基本はみんな同じ、安全で優秀なダイバーを育てて、ダイビングの世界を活発で素晴らしく、安全なものにしたいと思っているのです。そういう意味では、違いはありません。
ただ、皆が皆、違う基準でダイバー養成活動をしてしまうと、どんなダイバーなのだか訳の分からないことになってしまうので、日本では「Cカード協議会」というものを設立して基準を合わせるようにしています。細かな指導方法や名称などは違いますが、骨格は同じです。
アクアティック・プロの加盟しているダイビング指導団体もCカード協議会のメンバーです。
最新海情報へリンク
伊東市へのアクセス状況を随時更新→列車、道路、ガソリン、停電状況はこちらをご覧下さい
 アクアティック・プロ 静岡県伊東市富戸450-1 пF0557-51-6644 mail:dive@azarasi.jp