TOP PAGE
Remotely Operated Vehicle


EYE-BALL360
アイボール360は、透明ドーム内に360度全天周カメラを搭載しています。横方向は360度、上下は真下から上方45度までの270度をカバーします。 船舶や施設から吊り下げて運用し、水深100mまで潜航可能です。
海藻の分布など、広範囲な観察、生物の行動など定点での長時間観察やGPS座標を利用した捜索などに向いています。
また、電波圏内であればリアルタイムで配信が可能です。youtubeでの公開視聴や、ZOOM等を利用して映像を見ながら双方向での意思疎通など、現地に行かなくても水中映像を共有できます。
撮影例
静岡県沼津市のダイビング施設、平沢マリンセンターのボートポイント「淡島」です。
淡島は昔の海底火山で、現在見える部分は、中心部の溶岩だった部分です。
浅瀬から急激に落ち込む様子や溶岩の岩肌も確認できます。

こちらの動画はVR仕様になっています。


Geo-ROVr
Geo-ROVrは水深150mまで潜航可能な遠隔操縦潜水艇です。
現在、撮影システムをリニュアル中のため稼働しておりません(2022年3月)
撮影例
2019年に伊東市の海岸からすぐ目の前の海底火山が噴火しました。海底には直径200m以上の噴火口があり、30年後の2019に伊豆半島ジオパーク、いとう漁業協同組合協力にご協力いただき、Geo-ROVrにて撮影、観察しました。




その他撮影例
45年前の海底ハウス

2019年2月撮影/360°HDカメラ搭載
1970年代に一世を風靡した海底居住ハウス
76年に閉鎖されてから行方不明だった上部
構造を発見。ダイバーとテスト潜水。
https://youtu.be/Rp3T50hNX14
ダイバーの潜る様子

2019年6月撮影/360°HDカメラ搭載
沼津のダイビングスポット「平沢マリンセンター」のダイバーフェスティバルにてダイバーの皆さんと一緒に潜航。

https://youtu.be/orulDfy9Pic