ニジギンポはとてもたくましい魚だろう。人間に捨てられたパイプや空き缶、瓶等の中に卵を産んで守り育てる。
正直、自然状態ではどこで産んでるのだろうというくらいに頻繁に利用しているシーンにお目にかかる。
出会ったニジギンポはシーズン後半のもの、空き缶から顔を出しているのは雄で、缶の内側産みつけられた沢山の卵を守っている(見えないけど)
入ろうとしているのが雌。産みたいのだ、どうしても産みたい。でも雄は夏の間卵を守り続けてもうギブアップ寸前。拒否をしまくる。
ところが最後には・・・ 
--------------------------------------------------------
撮影地:伊豆半島(赤沢)/水深2m/9月